オンラインギターレッスン講師 猪野駿
講師紹介

【オンラインギターレッスン】講師紹介 〜猪野駿〜

オンラインギターレッスン講座、講師紹介のコーナー!エルギタースクールの層の厚い講師陣の中から魅力的な講師をご紹介。 今回はジャズの名門、NYのニュースクール大学卒業。帰国後も多数のセッション、ライブなどで活躍する講師、猪野駿先生です!

エルギタースクールのオンラインギターレッスン開講しました

こんにちは! 東京都内を中心に、埼玉、千葉、神奈川など30か所以上にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

多くの方にご好評いただいている「エルギタースクール、オンラインギターレッスン講座」ですが、今回もその講師陣の一人をご紹介させていただくという、オンラインギターレッスン講座、講師紹介のコーナー!

今回で7人目の講師紹介でございます。

オンラインギターレッスンの魅力としては「自宅から気軽にレッスンを受講できるので移動の必要がない」ことや、「スタジオなど特定の場所を使用しないので場所代がかからず、レッスン料金が安くできる」ことなどだと思います。

そして対面のレッスンだと教室にお越しいただく必要がありますので担当させていただく講師はある程度決まってきますが、 オンラインレッスンだと場所の制約がないので、好きな講師を選べるというのも良いところかもしれません。

そして「エルギタースクールのオンラインギターレッスン講座」は、層の厚い講師陣も大きな特徴の一つとなっております。

この講師紹介の記事を読んでいただくだけでも色々な講師が在籍しているというのは伝わるのではないかと思いますが、本当に幅の広いギタープレイやサウンドの演奏が楽しめますよね(^^)

是非、素晴らしい講師陣をチェックしてみてください!

そして最終的に「どの講師が良いか選べない!」となってしまったら(ほとんどの方がそうなります(笑))、「好きなアーティストやレッスンで上達したいこと、弾けるようになりたい曲などを教えていただければ、エルギタースクールがぴったりの講師をご提案させていただく」という「講師はおまかせ」サービスをご利用いただければと思います!

ほとんどの方はこちらの「講師はおまかせサービス」をご利用になられますので、ご遠慮なく、安心してお任せくださいね!

オンラインギターレッスンは対面のレッスンよりもできることは多少限られてしまうのですが、フォームや指使い、演奏のコツなどは問題なくお伝えできますので「オンラインレッスンは初めてだったけど、思ったよりもすごくわかりやすい!」と皆さんおっしゃっていただきます(^^)

「オンラインレッスンってどんな感じなんだろう?」という方も、是非お気軽に無料体験レッスンからスタートしてみていただければと思います!


それでは今回は、ジャズギターを得意とする「猪野駿(いの しゅん)」講師のご紹介です!


ジャズの名門、NYのニュースクール大学卒業。帰国後も多数のセッション、ライブなどで活躍する講師、猪野駿

オンラインギターレッスン講師 猪野駿

講師プロフィール:猪野駿

1989年生まれ。井上智氏にギターを学ぶ。
日本国内でのライブやジャムセッションのホストなどの活動を経て、2015年からニューヨークのニュースクール大学で学ぶ傍ら、リーダー、サイドマンとしてギグを多数経験。2019年卒業。

在学中にGilad Hekselman, Lage Lund, Nir Felder, Billy Harper, Reggie Workman, Hal Galper, などに学ぶ。
また、2019年5月にはスイス、ベルンのジャズフェスティバルに出演。

現在は帰国し、首都圏を中心にライブやセッションホストとして活動中。
ジャズに加えてThe Who, Led Zeppelin, The Policeなどの’60~90年代頃のロック、ソウルミュージックなども愛聴。


それでは猪野講師の演奏動画を少しご紹介させていただきたいと思います!


まずはセロニアス・モンクの曲「Ask Me Now」です。

ジャジ〜!!素敵な演奏ですね。
ジャズの醍醐味のアドリブ回しも存分に聴くことができます。

サラ〜っと演奏されているようですが高度なプレイの応酬で、何をやっているかわかる方からすると「おおっ!ここでこういくのか!」とか、「そう来たか!」という少々マニアックかもしれない楽しみ方ができるかも。

猪野講師のオンラインギターレッスンでは、もちろんこういったアドリブのアプローチ方法やスケールなども丁寧に教えてもらうことができます。

スラスラとアドリブをとれるようになるまでには結構な練習量が必要ですが、何が行われているかを知ることだけでも非常に大きな一歩だと思いますので、是非オンラインレッスンを受けてみてください!


次は特定のコード進行でのアプローチ。

こういったフュージョン的なギタープレイはどうやって弾くのかを知りたいという生徒様は多いです。

同じペンタを使うのでも音のつなげ方を変えたり、ちょっとしたスケールチェンジの意識を変えたりと、コツをつかむと少しづつ出来るようになってくるんですよね。

もちろんロックやポップスなど色々なジャンルにも問題なく対応可能ですが、ジャズやフュージョンのレッスンも猪野講師は多く行われています!


それでは次にジャズソロギターを。

最近は「ソロギター」というとアコギでの指弾きを指すことが一般的になってきましたが、ジャズでもこういったソロギタープレイは非常によく行われます。

ご覧になっていただくとわかるかと思いますがコードチェンジの嵐なので、聴いているよりはかなり難しいかもしれません(^^;;
しかしながらできるようになると気持ち良いこと間違いなし!

コードアプローチを知ることはギターソロにも必ず繋がってきますので、アドリブソロにご興味がある方も是非こういった演奏にチャレンジしてみていただければと思います!


はい、ということでいかがでしたでしょうか?

それでは最後に、猪野講師からのメッセージを。


「ギターという楽器は、どんな人でも比較的すぐに曲が弾けて音楽を楽しむことができますが、同時にとても奥が深い楽器です。
そんな素敵な楽器をみなさんと一緒に学びながら楽しむことができたらと思います。

また、実際にお会いしてご一緒に学ぶということは、一人ひとりの生徒さんの特徴や好みなどを把握することが出来、一人ひとりに合った方法で学ぶことができるということですので、教則本や動画などから学ぶのとはまた違った楽しさがあると思います。

みなさんと一緒にギターと音楽が楽しめることを楽しみにしております!」


是非お気軽に、無料体験レッスンからお申し込みください!

入会金無料キャンペーン 2020年11月1日 から 11月末日まで

講師プロフィール 〜猪野駿〜

1989年生まれ。井上智氏にギターを学ぶ。
日本国内でのライブやジャムセッションのホストなどの活動を経て、2015年からニューヨークのニュースクール大学で学ぶ傍ら、リーダー、サイドマンとしてギグを多数経験。2019年卒業。

在学中にGilad Hekselman, Lage Lund, Nir Felder, Billy Harper, Reggie Workman, Hal Galper, などに学ぶ。
また、2019年5月にはスイス、ベルンのジャズフェスティバルに出演。

現在は帰国し、首都圏を中心にライブやセッションホストとして活動中。
ジャズに加えてThe Who, Led Zeppelin, The Policeなどの'60~90年代頃のロック、ソウルミュージックなども愛聴。